読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薄い色の重ね塗り

さて、今後は、作業時間が長ければ、長いほど、充実すると思うのです。

でも、制作に費やせる時間が、けっこう短くて、体調に関する調べものなんかしてると、ほんのちょっとしか作業できず、白けてきやすい。

 
たぶん、こういう方に行くのが、正解なんだろうなぁと、思っていた通りで、うすーい色を、全体に塗っていき、何度も何度も重ね塗りして、次第に濃くしていくという方法が、私に向いてると思うんですね。。。

そうすると、輪郭線については、それを塗りながら決定する、というのだと、濃淡のグラデーションへの集中を欠いてしまうから、塗り絵に集中できるところまで、輪郭線を鮮明に、確定していかないとダメ。

楽しいけど、骨が折れるので、長時間とれる方が、ありがたいのだけど。。。